歯茎の再生治療や出っ歯の治療について

歯茎は歯を支える大事な役割を担うものでありますが、この歯茎が歯周病や歯肉炎、歯槽膿漏といった症状によって、退化すると歯が抜けてしまうといったことが多いです。
それだけ歯茎が果たす役割が強く、インプラント治療においても歯茎再生が重要視されます。
そのため、退化して下がってしまった歯茎を元の状態に戻す治療も確立されています。
特に日本人においては、歯茎や歯の周りを支える歯槽骨が薄い関係からも歯茎が痩せて見えて、歯自体が長く見えるのが現状としてはあります。
よって、歯が抜けやすいというのが現実であるかもしれません。
なお歯茎の再生治療としては、歯茎の移植を行ったり、歯根膜を誘導する材料を用いたりすることによって歯茎の再生治療を行うことが出来ます。
その他に日本人で多いのは出っ歯です。
出っ歯と言うのは、歯が前面に出てくる傾向を言い、口がとんがって出てくるので外見が歪に見えることです。
出っ歯はその歯を前方に押し出しますが、歯茎の土台が影響しているのはいうまでもありません。
そして、そういった出っ歯の治療においても、インプラントが活躍します。
前面の歯を削るか、もしくは抜くかによって、新しくインプラントの歯を植えるといった手段が治療として取られることが多いです。
当然、インプラントを施せば、自然な歯並びとなるからです。
抜け落ちた歯を元通りにする方法や出っ歯を治療する方法としては、まずは歯茎の再生治療を施す必要があります。
残っている歯が浮き出たような長さになっている場合においても、歯茎の再生を施し、抜け落ちることを防ぐ必要もありますし、歯の前面に浮き出ないように土台の位置を変える必要もあります。
それまでに治療を行ってきた仮歯でもオールセラミックを利用することによって歯を元通りに戻します。
このように、インプラントの治療を行う上でも歯茎の再生からスタートして、その上でインプラント治療を施す流れが主流となっています。
歯茎の再生を実現すれば、その歯を支える土台が出来る事となりますので、自然とインプラント治療を行いやすくなる訳です。