オールセラミックについて

オールセラミックとは、インプラントを行う上で基本となる革新的な素材のことを言います。
審美歯科の世界でも、インプラントを行う上ではこのオールセラミックを行うことが欠かすことが出来ません。
その理由としては、天然歯のような白さを引き出すことが出来る点で優れているからです。
従来の人工歯ではどうしても色合いから治療した歯であると外見から認識されやすいのは確かですが、オールセラミックで治療すると歯の境界がボケた感じがすることで、天然歯と同じ様な白さを実現できるからです。
そのメリットについては、金属を使わず、それを差し込んでも歯茎が黒くならない点です。
しかも透明感がある歯が入ることとなるので、歯茎が黒ずまない点も特徴的です。
なお一口にオールセラミックと言っても、幾つかの種類があります。
一般的には通常のセラミックであればフレームに金属を使うこととなりますが、オールセラミックでは金属自体を使用しません。
その代わり、ジルコニアといった人工ダイヤを用いる方法が取られます。
このジルコニアを利用した方が強度も優れていますので、強度を重視したい人にはおススメです。
その他にエンブレスといった素材もあります。
これは、ジルコニアよりも強度は落ちると言われていますが、審美性に優れている点で世界的には主流になっている素材です。
またフレームの土台については、コンピューターで削りだす方法を利用することが多いです。
大抵のフレームは手作業での感覚自体が大事で熟練の技が必要ですが、年々コンピューターの精度も上がっていることで、自動化して作り出すことも可能となってきました。
よって、将来的にはそのフレーム自体をコンピューターで安価で作れるようになるはずで、高額なインプラント料金も落ち着いていくことになるかもしれません。
なお審美歯科としてのオールセラミックの歯ですが、その表面に凸凹にしてその光を散乱させることによって、より自然に天然の歯に近い状態の色合いにすることが出来ます。